書店員のすヽめ

ブログ名とは関係なく日々のことを書いていきます。

紙の本or電子書籍。

たまにネットの記事でみるこの議題。なにかのテレビで結果は半々くらいでした。

 

私は現在、書店で働いていますが個人的には、、、

 

紙の本も電子書籍も好きです。紙の本は年々、売れなくなっているのも事実です。

 

ただ紙の本じゃないのは本じゃないとか電子書籍は目が疲れるとかありますが正直、内容は同じですし読む本によって使い分けするのが1番だと思います。

 

なんとなく私は漫画は紙の方を選びその他の本は電子書籍が多めです。

 

わからない言葉、読めない漢字を電子書籍でそのまま検索するのでとても重宝していますし、文字サイズや目に負担をかけないモードにも出来るので電子書籍に悪いイメージはないです。

 

ただ紙の本は馴れ親しんだ感じですね。読んでる〜って錯覚に陥るのかなとも思います。

 

ゲームでもパッケージ版が欲しい人もいれば直ぐに起動できるようにDL版が良いという人もいます。

 

なのでどちらが良いとか悪いわけではなく、、、

 

電子書籍に良いイメージがわかない人はある程度の期間使用してもらったり電子書籍ばかりの人は久しぶりに紙の本をかってよんでみようかなと思ってもらうことが重要なのかもです。

 

ただ年々、書店が無くなっていくのも事実で、、、

 

本当は買っていただきたいです!

 

私は月に結構、紙の本を買いますが、、、

 

常に残しておきたい作品は電子書籍でも買ってしまうのも事実で、、、

 

紙と電子が共存できる日を祈っているしだいです。