書店員のすヽめ

ブログ名とは関係なく日々のことを書いていきます。

書店員について考える・2

どうも書店員アルバイトのかんたーです。少しだけわががままを聞いてもらい現在5連休真っ最中です!

 

昨日の続きで書店員について考えてみました

 

書店員のやりがい

流行の発信源・・・担当の部門を預かってレイアウト、POPなどが出来る。自分が選んだ書籍が売れた時の喜び。SNSなどで出版社、著者、お客様との交流などがある。

 

書店員の将来性

活字離れやインターネットの普及で危ぶまれる場面が多い。ただし手書きPOPなどはお店に来ないと見れないものなので棚の展開等も含め工夫次第で変えることが出来る。

 

かんたーとしては、、、

書店員のやりがい自体は感じています。ネットで書かれているように個人が発信源になって棚やPOPを作れることに関してはそう思います。ただ日々の作業をこなし、棚の展開やPOP作りはそう簡単に時間を取れないのも事実。補充、発注の日々で時間はあまり作れませんし、情報収拾に関しても時間外(帰宅後)にやっている作業なので1円も賃金が発生しません。働いた分、賃金欲しいという人はまず無理でしょう。個人的にはこの情報収拾は非常に面白いです!かなり脱線もしますし心の赴くままに調べていますが、自分の担当以外の所にも知識がつきますし興味も湧きます。興味を持つこと自体が書店員に一番必要なスキルなのかも知れません。

 

書店員の将来性に関してはどうでしょう。これに関してはどの職種も同じかも知れませんね!私自身も電子書籍で読むこともあります。電子書籍が悪いとは思いませんし、読めない漢字も調べれますし意味も調べれます。文字の大きさも変える事ができます。それをただ活字離れとかネットの普及で済ませていいものかとも思えますけどね。

 

私自身が元々、活字の本を読む事がなかったので現代人が活字離れとも思えませんし。思うのはどこで買うかではなく誰から買うかだと思います。本は基本的に同じ値段で発売されています。発売日に関しては都市と地方で違いがあるのでここに関しては電子書籍は優れているのかな。大手ネット販売では書店員と顔を合わせなくて良いという事と何を購入したかを見られなくて良いメリットもある。ここまではネットの普及もあると思いますが、、、

 

じゃあそこへあの店員さんのいるお店で買いたいと思うような書店員であればお店へ来てもらえますし、多少、入荷に時間がかかる書籍であってもお客様は構わないという人もいるのではないかと思います。

 

服で悩んだら服屋さんに聞くように、本の事で聞きたい事があれば書店員に聞けるような体勢を作るように心がければ良いのかな。

 

その為の情報発信や情報収拾なのだと思います。その情報収拾や情報発信などもネットを介している事なのでネットの普及で本が売れないは店側、書店員側のエゴであるように思います。ネットもうまく活用して時代の流れを見極めて書店員を務めなくてはいけません。

 

まぁ私はうまく発信出来ていないので何とも言えませんが、、、。

 

書店員の収入だけで生きていこうというのは難しいのかも知れませんが、私自身は非常に魅力的な仕事と考えています。

 

ここまでが現在、自分が考えている事です。この先も色々調べた上で第3弾以降を発信していけたらなと思います。

 

書店員について考える・1

どうも書店員アルバイトかんたーです。

 

書店員の向き不向きについて考えることが最近、多くなっているので調べた上で自分なりの意見も書いていきます。

 

『書店員に向いている人』

本が好きな人・・・本が好きで、一定以上の読書量がある人。自分の専門分野の書籍は知識も豊富。

 

好奇心旺盛・・・多岐にわたり興味関心がある。興味ある書籍を多く読んでいる。

 

人と接することが好き・・・客のニーズに応え、真摯に向き合い、誠意ある対応ができる人。

 

確かに全部大事ですね!ただ読書量ある書店員って限られているように思えます。実際そんなに収入があるわけではない仕事なので趣味が読書でなければ、そんなに読まないように思えます。好奇心旺盛に関しては絶対だと思います。知らないでは済まされません。なので担当の分野に限らず情報を収集できるような人が向いていると思います。現在はネットも普及していますし知りませんっていう書店員ではいけません。

 

人と接することが好きはサービス業全体ですね。ただ人と接するのが得意でなくても仕事の時にだけスイッチがオンになれば問題ないですね!しかし思うのです!そんなに人と接することが得意です〜って人はきっと書店員はやっていないと思います。

 

と簡潔に調べたものについての個人的主観を書いてみましたが、、、

 

私は向いている方だと思います。今まで本を読んでいなくても何歳になっても書店で働き始めることによって興味が湧くことが多くなりました。ただ元々、いろんなものに興味がある人間なので、そこから派生していろいろ経験してことが今に繋がっているのかもしれません。

 

なので会話していて「それは何ですか?どういうものですか?」と疑問や質問をできる人が向いているとも言えます。これは好きだけどそれ以外知らないし興味ないという人は逆に向いていないとも言えます。

 

あとはお客様が何の本を買ったかをチェックというか覚えておいて今後の発注などに繋げています。記憶力というか洞察力というかそういったものも重要です。

 

資格は必要ないけれど、それ以上に日々勉強である。そう思って仕事しています。

 

続きは今後、UPします。

冬アニメ感想 その1

ちょっと遅めの正月休みをもらった、どうもかんたーです!

 

今回は冬アニメで始まった作品の中での感想を書きます。作品は『五等分の花嫁』かぐや様は告らせたい』『上野さんは不器用』『私に天使が舞い降りた』です。

 

『五等分の花嫁』

原作を2巻まで読み終わっているのですが、原作をほぼ忠実に再現していますし思った通りの作品です。原作のインパクトから考えれば物足りなさは感じますが、、、今後に期待している作品。

 

かぐや様は告らせたい

こちらも原作を読んでいますが、原作にない場面もありました。原作以上の面白さを個人的には感じます!声優さんに詳しくはない私ですがイメージ通りの感じの声というのもプラスでした。

 

『上野さんは不器用』

この作品はヤングアニマルでしたね〜。成年コミックですので好き嫌いが分かれる作品でしょうが、、、コミックよりも奥深さを感じました。ただこのコミックは正直買ってハズレだなとも思いましたがアニメは上野さんのぶっ飛んだ感じが癖になります!

 

『私に天使が舞い降りた』

秋に「うちのメイドがウザすぎる」を見ましたが少し似たジャンルですかね。異常さは「うちのメイドがウザすぎる」ですが、、、リアルな気持ち悪さは『私に天使が舞い降りた』ですね。ただこの4作品の中で1番笑えた作品かなと思いました。

 

今回はこの4作品ですが動画配信サイトを契約しているので他の作品は今後、感想を書きます。冬アニメも優良作品多めで期待大です!

 

それではまた〜。

 

積読、積みゲー推奨派書店員の思うこと。

どうも書店員かんたーです!

 

本もゲームもたまる一方。消化しなくてはいけないなぁ〜とは思うんですけど減りません。

 

積ん読に関してネットで調べてみたら減らす必要はないとの事です。本も一期一会です。私は書店で働くようになってからいろんな本に興味が湧きました。

 

そうです!積ん読は知的直球の鏡です!とネットで書いてありました。そうはいってもコミックを50冊くらいと文芸、文庫、新書は10冊くらいあるのでなんとも言えません。本は合間時間にその時の気分で読みたい本を読むスタイルなのですが右往左往している感じはありますが内容を忘れたという事もあまりないですね。

 

あと調べた事を実践していて読んだ本、読んでいない本を分けていますし、直ぐに手に届くところに本を置いています。減ってはいませんが直ぐに読めるようバッグにも常に入れています。電子書籍積ん読もあるのでタブレットも常備です。

 

ただゲームはそうはいかないと個人的には思います。基本、家庭用ゲーム機で遊びますが値段が値段でありますし、、、一度始めると1時間は直ぐに経過します。進んだかといえば進行していない。ざらにありますよね。

 

一人用ゲームでもそうなのですがオンラインになるとさらに時間が経過します。最近ではドラクエX」は控えています。ストーリー性も楽しめますが、それ以外のやる事というか楽しみがいっぱい過ぎて収拾がつかなくなりました。

 

さらに携帯ゲーム機もあるのですが外で遊ぶかと言えば実際は家の中だけですしね〜。

 

本に関してもゲームに関しても得られる体験や知識は増えます。ただ考えて買わないととんでもないことになります。

 

減らしてから買うと決めていてもどんどん新しいものや興味の湧く題材のものまで発売されるので物欲の塊の私には厳しい状況ですね!

 

もうネットで調べても何が何だか分からなくなりますし、、、

 

多少の融通が利くのであれば積ん読積みゲーはオススメします。

 

けいじちゃんねるさんも言っていました。「欲しいゲームが2本同時に発売で悩んだ時は両方買う。やるかやらないか悩んでモヤモヤするくらいなら。そのモヤモヤしている間の時間も嫌だし時間はお金じゃ買えない。」と、、、。

 

得られる体験は知識は直ぐに効果が出なくても直ぐにお金を出して買うべきなのかと。

 

結局は自分の欲求に逆らえないことに気づき、今日も積ん読積みゲーが増えるのでした。

自分がどこ寄りの人間か分からないという事。

給料貰いましたが、タイムカードとの日数時間が少なく計算してあり明日申告しなければならない、、、どうもかんたーです。

 

私は統合失調症という精神疾患らしいです。今でもピンと来ていません。社会復帰するまで10年かかり今の職場では順調に3年目を迎えています。

 

ただやはり人付き合いが苦手ですね〜。同じ障害者も健常者も苦手ですね。会話は出来ますがあまり関わりたくないと思ってしまいますね。

 

休みは基本、引きこもりです。本を読んだりネットサーフィン、ゲームに動画で休みが終わる日々です。こんな人間で良いのだろうかと思います。

 

見た目が垢抜けているので好印象を持たれることもしばしば、ありますがそれから深く関わることはありません。

 

自分の性格に問題がありますね。そこまで人は求めていないのもわかっていますし、仲良くなろうとも思ってもいないのだろうと。

 

でも避けてしまいますね。

 

それでもそんな面倒くさい性格でも私は自分が大好きです。良い部分も悪い部分も込みで大好きです!だから人から嫌われてくないって無意識に思っているかもですね。嫌われるくらいなら近づかないと行動しているかな、、、。

 

そんな私も友人の一人くらいは欲しいものです。昔は居たんですがいつからか連絡も来なくなって、こちらも連絡しなくなって。それっきりです。

 

まぁいいかなと思っているうちに一人になってしまい、、、。でもね不思議と寂しいわけでもなく無理に誰かに合わせるという事もしないですね。

 

と言っているうちに私はどこ寄りの(属性)人間なんだと、、、。

 

今思えば、就職してからずっとこんな感じ。ふと気づけば一人で行動していて周りには誰も居ない。どこにも属さないのかな。長い物に巻かれもしなくて反感ばかり買っていたな。生き辛いな。

 

どこにも似たような人は居るはずなのに会わないのが不思議ですね!

 

これからの人生、一人で乗り切れることは段々と少なくなるはずです。なのでこの悪い属性を振り切って、、、

 

リア充目指していきたいと思います!

 

でもリア充の人、苦手なんだよなぁ〜。羨ましいけど、、、。

 

自分なりのリア充にして居心地良い人たちと歩んでいきたいと思います!

 

ってまだ一人もいませんが(笑)

 

ではまた。

結婚願望はあるものの足りないものが多すぎる。

どうも、かんたーです。

 

今後の人生、1人は嫌だなと思っており結婚するには年収いくらくらいあれば良いのだろうと検索。

 

検索したところ年収350万円くらいあれば最低ラインだと、、、。

 

月に換算すれば手取り30万円かぁ〜。溜息しか出ませんね、、、。残念ながら私にはチャンスは無さそうです。

 

とはいえ諦めるわけでもなく。

 

ですが足りないものはまだまだあるわけで。

 

1 交友関係が皆無

これはもう深刻です。紹介なんてありえないし、どこで相手を探すんだよレベル、、、。

 

2 収入

、、、。少ないです。でもこちらは自分次第でなんとでもなるような気もします!と思っていますが、、、。

 

3 週末が仕事のためイベントに参加できない

収入にも関係ありますが週末は必ず仕事なので街コンは行けませんし、婚活サイトでさえ収入の時点で相手にしてもらえませんね。

 

4 年齢

40も近いので、、、。

 

ここまではこちらの事だけですが、、、女性が結婚相手に求めている事をネットで検索したところ、、、

 

1 経済力

2 やさしさ

3 包容力

4 男らしさ

5 家事能力

6 ユーモア

7 容姿

 

という事です。いや〜色々と求めるものがあるのですね!これを見るだけでもますます無理なんじゃないかと思う始末です。

 

いつの時代も稼げる人じゃなきゃ当たり前ですがダメなんですよね!結婚願望と言いながら交友関係をまず広げていって同時に収入も増やしていかなくては。身だしなみも発言とかも全て込みで努力してみます。

 

それではまた。

これからの働き方を考えて思う事。

おはようございま〜す!悩める中年羊かんたーです。

 

ある動画を見て働き方改革について語っていました。

 

そこでは仕事できる人もできない人も同じ時給というのは良くないと言っていました。ただ今のシステムでは変える事ができないとも、、、。

 

と同時にほとんどの仕事がアウトプットでインプットをしなくては成長しない。インプットとは簡単にいうと勉強である。

 

勉強と言っても休みに遊ぶ事も家事をする事などもインプットにあたるとの事。これに関してはわかる〜!って思いましたね!そういった時間で得られる事って大切だと思います。

 

ただ時間に縛られる事によりインプットする時間もあまりないという指摘も。AIが仕事を人間から奪っていく時代に入るとの事ですが、逆にいえば自由な時間が増えよりクリエイティブな事ができる人間の今後の使命というか与えられた課題といった感じでしたね!

 

私はクリエイティブとは程遠いですが、、、チャレンジはしてみようとイラストを描き始めたり読書量を増やしたりとインプットの時間を設けています。

 

読者がいないこのブログもProにしたりTwitterでつぶやく事も今までは絶対に避けていた事も率先して行う。これに意義があり先に進めれるようにしたいなと思っています。

 

お金は掛かかったののMacBookにせよiPadにせよ、こちらも今後を見据えて購入しました。

 

現在、書店員として働いていますがバイトですしこれから社員になれるかというと厳しいのだろうなと思います。それでも今の仕事は自分にはあっているのかなとも思いますし、刺激を受けたい性格なので本を取り扱う仕事は常に本に刺激を受けています。

 

話は戻り、その動画では優秀な管理職がこの国にはいないとか年功序列とか礼節という文化があるから成長しない。若手にチャレンジさせない、管理職の考えを汲み取っての発言をする傾向なども問題というらしいです。

 

まぁなんにせよこの働き方改革は色々とひずみは来ると思いますが、これからの人のための良いキッカケになればとも思います。

 

私はひっそりと自分のやりたい事を続けていきたいと思います。

 

お金はある方ではないです。いやあまりないです、、、。それでも好きに時間を使っているように思えるので割と楽しいです。できればフリーランスで仕事をして必要最低限の収入を稼げるようになりたいです。

 

それではまた。